冷え性や美肌に効くミネストローネスープレシピ

image

本格的に寒くなってきました。温かいスープが美味しい季節!!

↑お正月に備えて出し巻き玉子練習中。

 

ミネストローネスープほど身体を中から潤わせるものは無いと思うスープです。

良質なオイルと抗酸化野菜、身体の中き から温めて血流を良くしてくれます。

 

私のミネストローネスープをご紹介します。

 

✴︎用意するもの✴︎

トマト、玉ねぎ、茄子、パプリカ、好みで唐辛子2本、伊藤園理想のトマトジュース、コンソメの出汁と昆布。クラフトのパルメザンチーズ、好みで一味やパプリカパウダー、パセリ

※トマトの缶詰は身体に悪いので、瓶詰めのトマトジュースか伊藤園理想のトマトジュースを使います。

①昆布と出汁とカットした野菜を煮ます。ペッパー類も一緒に入れます。

出汁はコンソメキューブでもOKですが、私はちょっといい野菜の出汁袋を使い、ほんの少しだけ顆粒コンソメで味を調整します。繊細でいてインパクトもある味になります。

②あくをとって、茄子がおいしくなるまで煮ます。途中火を止めて、蓋をして放置させてもOK。

あくはシュウ酸などが入っていて、そのままとると、身体には微量の毒なので、身体の酵素を消費してしまいます。

③おいしくなったら、トマトジュースを入れて煮込みます。お好みの濃度にスープを煮詰めます。

④器にスープを注いで、パルメザンチーズとパプリカパウダーとパセリをかけます。

パプリカパウダーは唐辛子より辛くないので、粘膜にも優しくて、よく料理に使います。

 

ミネストローネスープはたくさんつくって、冷凍しておけます。

…が、私はそのまま、カレー粉やデミグラスソースをいれて使い回すことが多く、食べきってしまいます(°ε°`)

 

中から潤っていると、冬でも

加湿器なしで平気で過ごせますし、

1日2食は緑黄色野菜を必ず摂るようにしています。

お肌のシミも出来にくくなるし、いいこと尽くめです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です