砂糖の摂りすぎで生理痛や片頭痛が重くなる&添加物で炎症!!

image

お正月に普段食べない甘いお菓子を食べ過ぎて、生理痛がとても辛かった( ;∀;)

とお客さんに聞きました!!

確かに私もカロリーのことしか考えずに、甘いものを食べ続けていて、生理痛が重くなったことがあります。

砂糖など精製されたものは、必要以上に体に吸収されてしまうので、体のトラブルになって現れるのですね。

ここで私たちが選択しやすい方法は主に二パターンあります。

①甘いものを食べ過ぎないようにする

②痛み止めの薬を飲む

あなたはどちらを主に選択しますか?

痛みさえ感じなければ、体が悲鳴をあげたり、甘いものを食べ過ぎないでねと、伝えたがっていることを無視すれば、今度は内臓の方に疲労を蓄積することになります。

人体は様々な微生物や細胞、臓器によって生命を維持しています。労わってあげて欲しいですね。

生理痛を軽くする他の方法としては、

◎血液の流れを良くして体のストレスを無くす

◎心のストレスを解消する

◎インナーマッスルを鍛える

などもあります。

また砂糖の摂りすぎは花粉症なども悪化させるので、そろそろ花粉症が酷い人はセーブするといいですね。

また、添加物は少量なら保存料として日常生活を華やかにしてくれるものですが、科学が発達しすぎているのでセーブしないと、摂りすぎてしまいます。

かくいう私も普段よりお正月に日持ちのするお菓子を食べ過ぎてしまったようで、歯茎の炎症が気になる日々を送っていました( ゚Д゚)

炎症が気になっていた間は、お菓子を極力食べずに干しイモ(大好物)を食べて過ごしていましたよ。

去年のバランタイン付近はチョコレートを食べ過ぎてしまったので、今年はそうならないように、微生物や酵素の多い昔ながらの食品などを食べるようにしていきたいです。

ソマチッド(微生物テクノロジー)は最新科学すぎるのでリスクがあるかなあと思っているので、昔ながらの食べ物と食養生で行きたいと思っています(^^)/

image

 

片頭痛が良くなったお客様のご感想

【月に何回か鎮痛剤を飲んでも、悶える程つらい痛みがありましたが、こちらに通っているうちに鎮痛剤は全く不要になりました!! 体が弱くてすぐに寝込んでいましたが、寝込まなくなりました。今では月に一回通うだけで、体も心も軽く過ごせるようになりました A・K様】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です