低血圧、自律神経失調症にもリンパドレナージュ

毎日梅雨ですっきりしない日が続いています。低血圧な人には余計すっきりしないのではないでしょうか。

自律神経の働きが弱い人もからだが重だるかったり、憂鬱だったりします。

そういう時はからだの末端である足の指やふくらはぎをマッサージすると、朝の目覚めが良くなります。

血流が良くなると気の流れも良くなって、からだを快適に動かすことができるようになります。

足の指のマッサージ

①足の指の関節を摘まんで優しく揺するようにマッサージします。

②足の指を摑んで骨の繋がりを思い出すように軽く引っ張りながら円を描くようにマッサージ。

③ふくらはぎは第二の心臓なので、ふくらはぎ周辺を摘まむようにリンパドレナージュ

もちろん自律神経には肩甲骨や頸椎の筋膜が緩んでいることで血流や脳脊髄液の流れが良くなるので、全身をリンパドレナージュするのが一番効果が高いです。

血流を良くするためにスローランをするのも効果的ですよ。

 

お客様の声

施術を受けたあと全身が暖かく、体が軽くなりました。朝起きるのが苦手で寝ざめが悪かったのですが、翌日からすっきり起きれるようになり、気分もとても軽くなりました。気分にむらがあって、仕事へ行くのが憂鬱な日が多かったのですが、肩や首が軽いのもあってスムーズに仕事へ向かえるようになりました。

松岡様 45歳 名古屋市 名東区

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です