経絡リンパドレナージュ(リンパマッサージ)と指圧整体などとの違い

私は21歳の頃には慢性の肩こりや低体温に悩まされていました。

小学生から35℃くらいの体温でからだが弱かったのです。

普通、小学生は体温は高めですよね。

今では低体温の子供は増えているそうですが…。

私は今では平熱は37℃近くなりました。体温が上がると、活動全般が楽になります。

体温が上がる効果は、からだ再生整体の手技の中でも特に経絡リンパドレナージュのおかげであるといえます。

一般的な圧を加える整体は、血流が滞ったり、筋肉が縮こまったり、毛細血管が傷ついてしまいます。

この部類の手技を陽圧と呼びます。陽はからだを縮こませるので、交感神経を刺激して免疫力を下げることも。揉み返しもこのようなことが原因の一つでしょう。

セレンディピティの経絡リンパドレナージュ(リンパマッサージ)では、じんわりと圧をかけて、反射で筋膜を緩めます。そして緩んだところをさらにつまむ様にドレナージュして、全身の筋膜を緩めて、広げて伸ばします。

経絡リンパドレナージュは陰圧の手技です。

全身の血液、リンパ液、脳脊髄液が良くなりますので、ホルモンやNK細胞が元気になり免疫力が上がります。

血流が悪くてリンパ液が滞っている場所ではホルモンやNK細胞が仕事がちゃんと出来なくなったり、酸欠状態になっています。

酸素や栄養が滞りなく通っていると、慢性の病気も改善しますし進行を防ぐことができます。

2 responses to “経絡リンパドレナージュ(リンパマッサージ)と指圧整体などとの違い

  1. 加藤眞左子

    歯医者で食いしばりを言われて食いしばり、肩凝り頭痛、睡眠を良くしたいと思って調べてたらこちらのサロンをみつけました。場所も分からないので教えて下さい

    Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です