チョコレート、既製品お菓子の選び方

image

数年前からの体にいいチョコレートの流行で、

それまで日本のチョコレートはほとんどのものが植物油が使われていましたが、

植物油が入っていないチョコレートのラインナップが増えてきました!!!

これはチョコレート好きにはとても嬉しい変化です。

チョコレートは砂糖が入っていますが、小麦などは入っていないので市販のお菓子の中では健康に比較的無難なおやつです。

なぜ植物油がいけないのか?

リスク1→菜種油や植物油は痴呆症や脳への障害があるという事実が明らかになりました。

リスク2→クッキングオイルは植物油と植物油の中でも遺伝子組み換え作物も混入している。

以前から植物油の入っていない良質なチョコレートを作っていたのは

ベルギーやスイスの伝統的なチョコレート

リンツ。リンツは遺伝子組み換え作物も使ってないそうです。

私はミルクとホワイト、マンゴーとシャンパンなど三種類のカクテルのフレイバーがすきです。

 

製菓剤用のチョコレート

ロイズ

などでしたが、カカオ50%以上のチョコレートが健康にいいという高カカオブームで

森永のカレドショコラなど

大手の日本製チョコレートもカカオ50%を超えたものは、植物油は不使用のものが多くなりました!!

市販の手に入りやすい国産メーカーなら森永のカレドショコラがコスパと味が優秀ですね^^

健康の効能ねらいでいくのなら、カカオパウダーのみでココアを作るといいかもしれませんが、砂糖とミルクもいれないと飲みにくいですね(^^)

カカオはポリフェノールがとれて、「抗酸化酵素たっぷり」 「アンチエイジング効果がある」「貧血予防にもなる」など言われていますが、 食べると本当に幸せな気持ちになります^^

 

image

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です