生活のミニマリズム コンディショナー活用法

image

私はミニマリストではない。

好きなものを好きなだけ手に入れる。それにより人生をより楽しく生きることができる。

石油をはじめする資源はあと1万年は十分にあるとされていて、1000年後には氷河期で地球上は凍結し、世界の人口は大きすぎる気候変動に減少し、地底で暮らす可能性が高いと予測されている。

燃えるゴミが増えたところで、地球の環境破壊に対する影響よりも、

石油を一生懸命無駄遣いしたら、なんとか氷河期を免れることができるかもしれないと言っている学者もいる。しかし資源価格には常に適度に高値をつけねばならない意向があるため、こういうことは表立って言われない。

ということで、私は過剰なエコ活動はしないことにしている。

マイ箸をやたらめったら使って、古い木が伐採されずに残り、そこに暮らしている人の危険が増したり、環境破壊が逆に進んだりしている現実もある。新陳代謝を活発化させることが大切なのである。

こういう些細な自分の優しさに酔いしれる行為は、野良猫にその場しのぎに餌を買い与えるのと一緒で、大して役に立っていない。良かれと持っている優しさが空回りしているのだ。

楽しく健康的に生きるのは、中庸(ほどほどにしておくこと)が大切だなあと常に思います。

そして暮らしの中で、厳選してミニマムなものにするものと、そうでないものを分けることをオススメします。

マンションも一軒家もこれは共通することで、広い一軒家でもそこに住んでいる人の管理するキャパを超えてしまうと何処に何があるかもわからなくなり、空間やそれを探す時間や労力がもったいないのです。

実家の母は毎日一時間は探し物をして生活しています( ;∀;) 時間が非常にもったいないです。

好きなものを好きなだけ買うもの(と言っても限界はあります)

●食材やスパイス

●器 料理は健康と美容にとても重要なものなので、楽しむための器は欲しいものは全て購入します

●バッグ 家族にタコさんですか? と言われています。

ミニマムに絞るもの

●家具、家電の色 各部屋、主要カラーは3色までにしています

●調理器具の数 フライパンと鍋しかほぼ使いません

●服の色 メインの色を絞ってしまうと収納にとても楽です

●洗剤 一つでマルチに使えるものが場所を取らない

バックスナチュロンの洗濯用石鹸は、手洗いや洗顔、キッチン用、掃除用となんでも使うことができて、ドライ用の洗濯もできるので便利です。

要らないコンディショナーは柔軟剤に使える

コンディショナーって余ったりしないですか?

シャンプーと間違えて買ってしまったり、家族が気に入らなかったコンディショナーは取っておいても場所を取るだけなので、柔軟剤と同じような素材でできているので、代わりに使っています。

ロクシタンやジョンマスターなどのコンディショナーが大量にあったので、去年はずっと柔軟剤として使っていましたがいい匂いでした(*’ω’*)

余ったハンドクリーム活用法

ハンドクリームなどのオイルは3か月位使わないと酸化してしまいます。

●シミ予防対策で夏場こそハンドクリームを手や首、顔に塗る

日焼け止めを塗らなくても、肌に油膜が広がっていればシミはできにくくなります

●ヘアーワックスとして使う

良いハンドクリームとオーガニック系ヘアワックスは素材が同じようなもので出来ています。

ハンドクリームにビーズワックスを溶かすと適度に毛が立ちあがる粘度になりますが、女性の場合、ニュアンスでいいのでそのまま使っても程よい。

 

断捨離がオススメ

不要なものは断捨離をオススメします(*’ω’*)

売りに出す時間と手間がもったいないことと、

中古市場に回すことは、経済を弱らせる一因になります。

中古物件というものは気のめぐりが悪いので、そういうものが沢山集まった部屋は気のめぐりが悪くなるとも言われています。

私は風水は、部屋をきれいにするとかそういう程度にしか意識していませんが、アンティークの器や骨董以外は購入しないようにしています。

ボランティアとか寄付はどういう仕組みになっているのかよくわからないことも多いので、

なるべく国産の家電や道具を購入していますし、服などは体のラインにぴったり合ったものが好きです(^^)

体形管理にも役立ちますしね。

image

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です