不眠を解消する方法 安眠のコツ

image

日本の気節は近年は夏と冬の二極化しているように感じます。

毎年安定した気温と湿度のサイクルではなくなってきています。

睡眠の質を上げるにはコツがあります。

 

睡眠の質をあげるコツ

●テレビや携帯などの液晶画面は寝たい時間の一時間前には見ないようにする

●ストレスや緊張を和らげる

●カルシウムとミネラルを日常の食事でとる。

カルシウムは小女子などの小さい魚を食べることが推奨されていますが、毎日食べるのはなかなか大変です。

カルシウムは牛乳の10倍の吸収率があるといわれているL型乳酸カルシウムがオススメです。植物性です。乳製品をたくさんとっているフィンランドで骨粗鬆の患者数は日本の二倍と言われており、牛乳をカルシウムとして取るのは賛否両論があります。

カルシウムをしっかり取れていても、ミネラル不足だと吸収がなかなかされません。また血流が悪いと吸収率も悪くなります。

天然成分のマルチビタミン・ミネラルもいいですが、ユーグレナが個人的にはとてもオススメです。三粒で一日に必要なカルシウムとたんぱく質以外が含まれているし、植物が本来持っている細胞膜が無いので、吸収率が高いのです。

ユーグレナとL型カルシウムを飲むととてもぐっすり眠れるし、疲労回復効果を高く感じます(*’ω’*) 忙しい時のお助けサプリとして8年位、毎日飲んでいます。

 

●人間の細胞膜は26度が適温であるため、エアコンは常時26度に設定し、冬でも足を出して寝れるような状態を作ると足から放熱されて熟睡しやすくなります。

●一日30分位は早歩きで歩く

あまりにも肉体が疲れなさすぎると眠りにくくなります。お年寄りが不眠になる原因の一つに運動不足で、運動をずっとしてこなかったので今更運動のできない体になってしまったという方が多いので、80歳を超えてもスローランニング位はできるような体つくりをしておきましょう。あまりハードに鍛えすぎると膝を痛めたりするので、ほどほどを意識しましょう。

●寝具の工夫

化学製品は熱がこもりやすいので、麻のベッドシーツや絹の毛布にすると快適に眠ることができます。

●リスクコントロール

人間にとって大切なのは生活の基盤です。10代20代は無謀なチャレンジをしてもいいですが、「30代で運がよかったらなんとかなる」ようなギリギリのチャレンジや限界を試す行為は病気に直結しますし、不眠の原因になります。生きていく上でのリスクコントロールを意識していくとよいです。

●睡眠薬は飲まない

人間、疲れたらいつかは眠れますが、睡眠薬に頼っていると、本当に眠れない体になってしまいます。睡眠薬は避けましょう。

睡眠に関係なく、薬は極力飲まないで自分の免疫力で治しましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です