最強のふるさと納税

image

ふるさと納税は利用していますか?

一昨年から私はしています^^

ふるさと納税は収めている税金と扶養している家族の人数などで上限が変わります。

さとふるなどで簡単に調べることができます。ふるさと納税に使える寄付の限度額まで、寄付した金額から2000円を引いた金額が還付されます。しかし全てが直接還付されるわけではなく、本年度の市民税が安くなるなど、間接的な方法で還付されるのと半々位なので、本当にきちんと還付されているのか実感が薄いですが(‘Д’)、お得には違いありません。たくさん税金を納めている人ほど優遇されるシステムです。

クレジットカードで納めると、ポイントもついて二重にお得。

ふるさと納税のサイトの中には手続きなしで税金が控除されるものもあり、そうでなくてもワンストップサービスもありますので簡単に手続きをすることができます。

私は確定申告と一緒にしていますが、領収書をつけて寄付控除の枠に記入するだけです^^

●さとふるのオススメ使い方●

12月の初め頃にいくらなどの魚卵類のふるさと納税申し込みをすると、魚介類が高騰するお正月に重宝します。

 

image

400gは二人家族で一度には多いですが、冷凍庫から冷蔵庫へ移して、一時間後に開封したら、凍ったまま半分に割って取り出せました。タッパに移して残りは密封して冷凍庫へ。コクがあり、とても美味しい松前漬けでした。イクラはコメントの必要がないほど、新鮮で美味です!

image

一昨年に続き、今年もせたな町のいくらも貰いました(*’▽’) こちらはいくらが個別で来るのでとても便利。子持ちセイコガニも新鮮な状態で冷凍されたようで、臭みも全くありませんでした。

茹ガニは普段全く食べないのですが(風味が落ちるので生蟹しか食べません)、お正月料理にぴったりなので茹ガニで澄し汁を作りました。

image

お椀に入れるのにちょうどいい大きさ!! 家族が大喜していました。味噌も新鮮でおいしかったです。

このようにお正月らしいお節ができました(*’▽’)

明太子をふるさと納税で選ぶのなら、福岡の明太子のがうま味があって塩分がまろやかなのでオススメです。 北へ行く程塩分が強い説を転勤族のお客様が提唱しておりました。ナルホド!!

 

長崎県の天然魚の干物セットも頼みました。タイが入っていたのでこれも、お正月料理に使いやすそう!と思ったのですが、食材を買い過ぎてしまったため、まだ食べきれていません( ゚Д゚)

この干物たち、臭みがほとんどありません。

今まで漁港の朝市で新鮮な干物を買ったことが数知れずありますが、いかに鮮度が高い状態で干物にしたか伝わってきました。 家族が少なめの方なら、お正月以外に頼むといいかもしれません。

 

image

ふるさと納税の王者

長崎県 平戸市

平戸市はさとふるにはラインナップされていませんが、寄付をポイント化しており、

お歳暮やお中元で平戸市の特産品を贈ることもできますし、自分で貰うことます。

2012年のふるさと納税額が総額、平戸市は100万円だったのが、2014年には14億円に成長!!

地方再生のモデルとなっている市であります。ウチワ海老や豪華な干物セットが有名!!

平戸市の市長が超敏腕な方のようです(*’▽’) 憧れます。

imageimage

平戸の地魚セット(寄付金¥10000~)   ウチワエビセット(寄付金¥20000~)

平戸市ふるさと納税特設サイト↓

https://furusato-hirado.jp/

 

さとふるに戻ってお米編

image

お米もオススメです。

 

玄米を選んで自家精米をすると、国産のお米ならどこでもとびきり美味しく頂くことができますが、

水の綺麗な地域のお米は特に美味しいです^^

名古屋では、竜の瞳(飛騨)や郡上米が、知る人ぞ知る人気のお米です。

精米機は玄米だけでなく、酸化した白米を磨く機能もついているので、精米機を一台持っていても損はないかも。我が家にも実家にも精米機があります。

お米は精米すると4~5日すると酸化してきて、味が落ちてしまいます。精米したてのお米が一番美味!!

※精米機の注意点として、家庭用の精米機で一気に何日分もお米を精米しようして、連続して精米し続けると、精米機のエンジンが燃えて壊れます(実家母の失敗談)2~3人家族なら3合か4合まで用で十分です。そもそも大量に精米して置いておかなくてもいいと思うのですが…。ご両親にプレゼントする場合は注意しておいた方がいいかもしれません(笑)

コンパクトな精米機がオススメ。大きいと邪魔です。我が家では二合ずつ精米が多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です