名古屋能楽堂のオススメ公演

20170103

名古屋能楽堂のオススメ公演

名古屋能楽堂では毎年、1月3日にお正月の特別公演があります。
新年を言祝ぎ、平和と五穀豊穣を願う意味の込められた演目が公演されます。
普段、能や歌舞伎に行かない人でも 華やかでお正月気分を味わえてオススメです。また、観ている人の厄を落とし、幸せを祈る祝詞みたいなものが翁の舞台では音楽に合わせて謳われていて、とてもおめでたい気分になります。

イヤホンガイドも無料レンタルで驚きました。
今回の演目は、
能 「翁」 観世流  歴史の教科書に載っていた観阿弥、世阿弥の流派(懐かしい…|д゚))
「楊貴妃」

狂言 「鬼瓦」 和泉流

でした。

翁のお面は、お面自体が神様とされていて、祈りの演目でした。

折角なので私も日本に住む人々の安寧と五穀豊穣を一緒にお祈りしました(*’▽’)

動作がとても素晴らしかったです。気配だけで本当に神がいるような圧倒的な存在感がありました。

翁の衣装も、楊貴妃の衣装も美しくて吸い込まれるようでした。

私も能はちょっと敷居が高いというか、演目を理解できるか自信が無かったのですが、すごく楽しむことができました。

歌舞伎だと結構お値段もお高く、S席位だとオペラグラスが必要で桟敷席を予約するくらいでないと、臨場感たっぷりに見れないのですが、能楽堂はフリー席でも歌舞伎の舞台よりは小さいので近くで見ることができました。

お値段   4000円から5000円位

時間が3時間で休憩時間が15分というのも丁度いい感じでした。

(歌舞伎だと4時間位になるので、全部の幕をみようとすると大変です。定番の演目だと最初の幕を省いても十分楽しむことはできますが(‘Д’)ちょっと疲れます)

チケットは前日にネットから取りましたが当日券も売ってました。

名古屋は歌舞伎や能など東京、大阪に比べてチケットが取りやすいのでいいですね^^

これぞ正月という気分を味わうのに大変オススメです。

 

名古屋能楽堂 鶴舞線 浅間町から徒歩10分 名古屋城の近くです

 

もっと能を楽しむのに オススメの小説
夢枕獏の「翁」 光源氏も出てきて面白いです。「陰陽師」が代表作の夢枕獏氏は古典芸能にも造詣が深く、踊りの舞台の脚本でも活躍されています。 恋愛要素も少しあります^^

さらに楊貴妃、白楽天、阿部仲麻呂などが出てく

るこちらの小説も面白くておすすめです。遣隋使、遣唐使時代のスペクタクル歴史巨編。 この小説は中国名の登場人物が多いので、最初は苦労しますが、私の保存用文庫としてマイ本棚に収まっている位面白いです。日本史や仏教伝来などの歴史もすんなり入ってくるので、中学生の時にも読みたかったなあ。

遣唐使として唐に向かう多国語と楽器を操るスーパーエリートの空海が唐土から仏教の秘宝を持ち帰る為に鬼や方士と妖術合戦を繰り広げつつ、玄宗皇帝と楊貴妃の謎に足を踏み入れていく…という内容です。

 

いつもと違うことをするということは 好奇心が広がってとても面白いです。

日本の伝統文化や道具はとても美しく精緻なものが多いので、詳しくわからなくても、目で見るだけでも面白いものです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です