水出し緑茶とマローブルーの効能

我が家では真冬以外は水素水でお茶を出しています。温かい飲みものも好きなので飲んでいますが…(^^)

水素水だと2分くらいで出るので、効果云々よりも大変便利です。

水素水の実感は飲んでてわかりにくいですが、尿検査ではph8 弱アルカリ性なので、血液や体液も中性から弱アルカリではあります。

緑茶を水出ししますと、カテキンはあまり出なくて、代わりにエピロカテキンが出ます。

このエピロカテキンは免疫細胞であるマクロファージを元気いっぱいにします。

水出し緑茶は繊細な香りと甘みが堪らないですね(^-^)

面白いハーブティーといえばマローブルーです。

アルカリ性なので綺麗な青色のハーブティーが出来ます。

こちらにカルピスやレモンを入れると、ピンク色に変わります(^^)

豊橋だとサンヨネ の東田店のハーブコーナーにあり、感動しました!

びわの葉やホーリーバジル も入れて欲しいです。

マローブルーは鼻や口の粘膜の保護や胃炎や腸炎の鎮静効果があります。

肌に使うなら収れん作用があるようです。

風邪を引いた時にレモンとハチミツを入れて飲みたいですね。

アントシアニンも入っているので、目の疲れにも良いですね。

こちらにマリーゴールドやカモミールのような黄色いハーブティーを混ぜると緑色になるそうです。

ハーブティーが飲みたくなってきました(^-^)

からだ再生整体リボーン のミニキッチンに用意している時もありますので、ぜひリクエストしてください!

個人的には日常使いは、温かいハーブティーにハチミツ入れたものが大好きですが、デトックスの場合はストレートがからだに美味しく感じたりしますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です