からだ再生整体Re:Born つれづれコラム①

地球規模で不安定な時期なのか、年々暑かったり寒かったりで、夏は亜熱帯の気候としか思えないですね。

暑がりの妹と「名古屋は40℃近いって!インドへ行った気分が味わえるね」

「アンコールワット(カンボジア)も40℃近くなるけどどうなのだ⁉」と、siriに聞いて見たところ、豊橋よりも低め!!  (※アンコールワットへ行ったことがありますが、35℃越えでしたが、地面は土なので木陰は31℃くらいの体感でしたが、暑かった)

33℃という解答。インドも同じ位。

愕然!!

家康公が隠居するのに最も住みやすい気候だと選んだ駿河と同じ位の豊橋も35℃を超えてとても暑いのである。

今まで夏でも、リンパドレナージュ(リンパマッサージ)の施術後などには温かい飲み物を用意していたけれど、ここまで暑いと、やや冷えた飲み物しか出せない!!

季節に合わせて、体を冷やす緑茶や胡瓜や西瓜といった野菜を食べて、なるべく余計な熱をからだから逃がすようにしてくださいね。

妹の親友は温活をしすぎて、岩盤浴で熱中症になりました。

いくら湯治や酵素風呂が体に良くても、やりすぎは禁物ですね。この方は毎日岩盤浴、毎日長風呂数時間なので、普通に岩盤浴へ行く分には問題ないです。しかし、岩盤浴より外へ出た方が暑そうですね(‘ω’)

常に氷を食べたい氷好きな方は、貧血の傾向がありますから、血を補う食べ物とそれを吸収しやすくなるビタミンCを摂ってください。

ビタミンCは夕方から摂ってください。紫外線で壊れます。

夏の晩御飯にからだを温める鍋やシチューを食べると寝苦しくなります。

寝苦しく夜明けが早い夏は、いかに睡眠の質を高めて、疲労回復をするかが大事です。

夏はからだを冷ます料理を食べてくださいね。

キンキンに冷えたアイスコーヒーは体を冷やしすぎるので、飲みすぎないようにしましょう。

少し前は、クーラーを使わずに昔の日本の暮らしに倣った方がからだに優しいとか、健康志向といった風潮がありましたが、今は気候が違いすぎていますから、無理は禁物です!

暑すぎるとお出かけに支障が出ますから、もう少し落ち着いた温度に下がって欲しいですね。

 

Tags: 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です