女性の貧血予防に鉄分補給はマスト!!

健康的にダイエットならセレンディピティ

女性は毎月、月経もあるので病院の血液検査に引っかからなくても、軽く貧血気味な方は多いと思われます。

かくいう私も、血液検査をすると白血球の量が若干少ないと表示されます。

鉄剤は副作用も良く聞くし、絶対飲みたくない( ゚Д゚) というか、薬全般を極力飲みたくないのです。

私はここ5年位で、血流がとても良くなって、パワフルな主人より暑がりになったのですが、寝ている間に足が冷えすぎて足が攣ることが度々あったため、貧血対策に乗り出したのです。

思えば私は中学生から寝ていて足が攣ることがたまにありました!!

(足は先天的にちょっと違和感がある部分があるので、赤ちゃんだったときに産道を出るときにひねってしまったのかもしれないです。でもこれは長年、全身の体の調整をしてきたので、認識できたことで、普通の人であったら全く気付かないレベルのことですが、全身の中で足が血流が悪くなりやすい傾向があります。これから研究をしていこうと思っています)

ちなみに寝ているときのこむら返りは、足のストレッチでほぼ無くすことはできます。

しかし、寝る前の一瞬の一手間が、眠たくてふらふらしているときは面倒くさいものです( ゚Д゚)

こうして私は、クーラーに足を冷やし過ぎて月に2回程足を攣っていたのです。ちなみに言い訳をさせて頂くと…、緩めですが足の筋トレを3年位続けているせいかと思います 筋トレしたら緩めないといけませんね。

ところがそんな忌々しいこむら返りも、

毎朝、有機レーズンを15粒位食べるようになってから、足が全く攣らなくなったのです(*’ω’*) 

貧血予防の食べ物として私の考え方は、

●遺伝子組み換えでない有機植物から摂取すること

●サプリメントはピロリン第二鉄など化学元素が鉄分と似ているものは疑わしい

●オーガニックのサプリメントであっても、添加物が大量に入っていたら体にいいのか悪いのかわからない

●レバーから摂取するのも良いだろうけど…毎日食べ続けるのが苦痛

●プルーンエキスなど流体よりプルーンなどの固形物のが分解するときに消化器に負荷がかからない

 

有機レーズンやプルーンやブルーベリーが自然に加工されたものがベストという結論です(*’ω’*)

↑のような果実は、マグネシウムを含んでいるので、L型乳酸カルシウムと一緒に摂取すると吸収率も上がって良いです。

牛乳は脳にも害があることがはっきりわかってきている為、牛乳からカルシウムを摂る考えは止めた方がよいでしょう。脳に牛乳のたんぱく質がわずかに溜まって、将来痴呆症の原因となります。

マグネシウムは不足すると、内臓はじめとする体の組織が硬くなってしまう原因ともなります(‘_’) また体の組織が硬くなる一因としてたんぱく質不足もあります。豆類などの植物性たんぱく質を大量に過剰摂取すると女性ホルモンが増えすぎて子宮癌などのリスクが跳ね上がるため、極度の菜食は推奨しません。実際にベジタリアンでストイックな先生たちで癌を発症された方が多いと聞きます。平均的な日本の伝統食を少しでんぷん質を少なくしてたんぱく質を増やすことをオススメします。

漢方薬の甘草は体内からマグネシウムを流してしまうので、長期で飲む場合は甘草が含まれてないものを出してもらうのが良いです☆彡

内臓が硬くなっている状態はセレンディピティのリンパドレナージュで緩めることもできますが、明らかにたんぱく質不足やカリウムが不足しているなどが原因の場合、ご自身の食事の摂り方を見直して頂くことになります。

健康な若い方であればカリウム不足は滅多に見られないと思います(‘_’)

たんぱく質は一日300g位は摂るべきなのです。

また折角、体によい食事を心がけていても血流が悪いと、体の隅々の細胞まで栄養が届かないので、血流が良いことはとても大切です

※カルシウムは骨だけでなく、人間が体を動かすために必要なものです。血流が良くてもカルシウム不足だと、エネルギー不足になったり不眠になったり情緒不安定にったりします。小魚かL型乳酸カルシウムを推奨します。

image

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です