スマートメーターに交換しないほうがいい( ゚Д゚)

image

電気の検針器の取り換えに任意でチラシが入って、断らない限りどんどんスマートメーターに替えられていますが、

まだ変えていない方は旧メーターを使い続けることをオススメします。

日本はサイバーシティを目指しているようですが、電磁波の数量が全世界一位です。

image

うちのお客様はスェーデンへ頻繁に行くのですが、向こうへ行くととても体調がいいと言っています。スェーデンは全世界に先がけて電磁波規制した国です。

湿度が低いこと、電磁波が少ないことが原因と思われます。

日本は数値からみても既に電気まみれですね。

 

人間やその他の生物は微弱な電気を帯びて磁界を作っています。これが元気の気と言わるものでもあり、細胞が活動しているエネルギーとも言えます。実際、心電図などを取るのは人間が電気を帯びているからです。

生き物本来が帯びている電気と電化製品などを動かす電気と電波はとても性質が近いものなのです。

体内に入った余分な電磁波は、体内で雷のような炎症反応を起こし、細胞を変性させます。

現在、携帯電話依存症の方が一日に何時間も使用してそれが20年、30年続けると脳腫瘍やアルツハイマー、ASLなどのリスクが高まるだろうと予測されています。 が、長期間かかるので自己責任となるでしょう。他の慢性疾患も進行を早めることは予想できます。

スマートメーターに交換すると、スマホから家のクーラーが付けれて便利になるそうです。

そこまで便利でなくても良くないですか?

しかしスマートメーターに交換するとWIHIの130倍の電磁波が30分事に部屋全体を覆い中にいる生物が吸収してしまうのです。スマホやPCのWIHIは一部分が被ばくしますが、スマートメーターは全体を被ばくします。

低線量の電磁波でも継続して浴びることでアメリカでは癌や心臓病で訴訟が起きています。日本の一部の自治体は導入を遅らせているそうです。

健康に対してはデメリットしか感じないですよね。

スマートメーターは任意なので、簡単に取りつけを断ることができます。

image

「あなや雷!」

【電磁波の害で実感していること】

私は施術とパソコンとスマホで関節が疲労して腱鞘炎になるところを自分で治しています。知り合いの先生に「スマホを握っていると手が痺れてくる」と相談したらアーシングするといいよと勧めて貰いました。アーシングとは体の中に溜まった電磁波を外に排出することです。木を触ったり、砂浜を歩くことでもアーシングできますが、手間なのでパソコンやヨガマットにアーシングマットを敷いていますが、確かにかなり楽になりました。知らず知らずに影響を受けているんだなあと思いましたよ。

赤ちゃんや発達途中の子供の脳が受ける影響は大人よりかなり大きいそうです。

↓ただ…かなりださいです(‘_’)

 

 image

猫たちもアーシング(ひんやりとして気持ちよさそう) コンセントのマイナス面に同線をつないで、静電気をリバースします。

芝生のある公園を素足か革靴で歩く、滝に打たれる、木に抱きつく、有機の田んぼや畑を裸足で歩くのを30分すれば同じ効果があります( ゚Д゚)  昭和の時代はユニークな行動でも違和感なくやっていけましたが、現代の日本で毎日これをするのはなかなかハイレベルですよね。

私は幸いなことに素敵な革のサンダルを持っているのですが、運動靴でジョギングしたあとに公園で革靴に履き替えるというのが面倒でなかなか自然の中でアーシングすることはできていません💦

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です