ウイルス予防にも、虫歯予防にも重要な舌磨き!

image

滋賀県で虫歯を削らずに温存する最先端治療をしている歯医者さんの神奈川先生とご縁をいただきました。神奈川先生は歯の治療のみならず、めまいや頭痛など総合医療で患者さんの健康を叶えようと研究されています。

神奈川先生が日本の名医20人にも選出されている沖縄のまーてる先生が、歯科のみならず代替医療も取り入れられて、リンパドレナージュの施術者でもあるので、直接アドバイスをいただきました^^

まーてる先生のオススメの健康法は私も日課にしているものが多く、著書を読んでみると今までしてきたこのことにはこういう裏付けの科学的なデーターがあったんだなあと、これからは今以上に効果が出せると思います。

私のリンパドレナージュで今まで、クライアントがめまいが良くなったり、子宮頸がんがすっかりなくなってしまったことも、一回の施術で癌でリンパ節を切除した方の痛みがひと月もの間、緩和させることができたことにも、科学的に説明してくださったので、沢山の学びをいただきました。

神奈川先生には「めまい」なんてなかなか治せるものじゃないんだから、悩んでいる人に知ってほしいですねと言って頂き、今までセラピストのスタンダードを意識してきましたが、私ができることを表現していくことを決心しました。

さてコラムのタイトルに戻りますが、

まーてる先生に「リンパドレナージュサロン セレンディピティのお客様に扁桃腺を過去に切っていて、手術後に扁桃腺がずっと腫れている方がいるのです」と相談したところ、まーてる先生は一万人の患者さんのデーターを取っているので、「舌磨きをしっかりして、乳製品を食べないようにしてください」とご回答をいただきました。

そうこうしているうちに二回の施術で扁桃腺の腫れは収まってきたのですが、さらに体の調子が良くなるのが楽しみです!!

そしてこの日から、私も舌磨きをしっかりするようになりました。(私が熱心にする一番の理由は、虫歯をこれ以上進行させないためなことが一番ですが、インフルエンザや未知の感染症の予防にもなりますね)

舌の上には苔が生えているのですが、

苔の中身はカンジダ菌や肺炎球菌、風邪のウィルス、ヘルペス菌、虫歯菌など350種類も存在し、5時間で3倍にも増えるのです。

うがいや歯磨きをするときは、舌磨きも絶対にするべきです。

(舌の中に住んでいる菌は人によって構成が随分違うとのことです)

私の施術をしてきた経験上、低体温ほど舌苔はびっしりと多くなります。

扁桃腺や盲腸は体の免疫フィルターの役割をしているので、手術をするとしない人より免疫力が落ちてしまいますし、口内の雑菌が癌の原因にもなると言われてもいますよね。

しかし「この世から病を消したい」と人間全体を診て総合的に研究しているお医者さんの存在はとても頼もしいですね。

私もオススメの著書をいくつか読ませて頂き、これまで知ってきた沢山の情報の中から、役に立つ科学的な根拠を踏まえて世の中に反乱している健康情報を精査していきたいと思います。

体と心、全体をしっかりと見つめていきたいです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です